Topics

化粧品のエクスポートに関して

日本の化粧品は海外で大人気であり、多くの海外からの旅行客が日本で化粧品を買って母国に持って帰っています。さらに2015年以降日本から化粧品の輸出が大幅に増え、2019年には総額6,000億円を超えています。

このように化粧品の輸出は大きなビジネスになるのですが、輸入手続きや化粧品の規制などそれぞれの輸入先の国によっても異なります。この記事ではアメリカを輸出先の国として詳しく説明していきます。

化粧品の分類とは

まず輸出入において化粧品とは、実際には化粧品とはよばないシャンプーや洗顔料なども含みます。たとえばシャンプーなどを輸出する場合でも、化粧品と同じ輸出上の注意点があります。

化粧品の規制

それぞれの国に、化粧品の規制がある場合が多いです。例えばアメリカに輸出を考える場合以下のFDAの許可を受けた商品である必要があります。

アメリカの化粧品を記載する機関

FDA(Food and Drug Administration)の略称で、食品、医薬品、化粧品、医療機器の科学的基準を維持する連邦機関です。FDAは、CFSAN(Center for Food Safety and Applied Nutrition)とORA(Office of Regulatory Affairs)を通じて、化粧品の安全性を求めています。Office of Regulatory Affairs (ORA)は、化粧品に関する規制を設定しています。

FDAは、本法を執行する権限を有する唯一の機関です。FDAは、粗悪品や不当表示のあるヘルスケア製品やサービスの販売・マーケティングを防止し、そのような製品やサービスの製造者や輸入者に違反行為に対する民事罰を課す権限を有しています。

FDAには、FDAが医療業界向けの規制を実施するのに役立ついくつかの執行プログラムがあります。また、同機関は、製品やサービスの製造者や輸入者に自主的な協力を要請することもできます。同機関は、ヘルスケア製品・サービスの販売・マーケティングに関する最終規制を発行する責任を負っています

また、FDAは化粧品の表示に関するガイドラインを持っており、これらの製品にはFDAが承認したラベルを表示することを求めています。FDAは、このようなラベルを付けずに化粧品を販売しないことを推奨しています。

化粧品に対するFDAの承認は、その製品が安全で効果的であることが資格のある医師によって示されたときに得られます。販売開始の申請をする前に、製品はFDAの審査を受けなければなりません。

米国食品医薬品局(FDA)の承認を得ることも重要です。FDAの承認を得るためには、FDCAとFPDCAで定められた安全性と有効性の基準を満たす必要があります。これらの基準は、科学文献のレビュー、専門家の意見、およびFDAによる科学的な調査と評価に基づいています。

成分規制

化粧品で気を付けないといけないのは、以下のように成分規制がされているケースも多くあります。特に化粧品は、一般的な化粧品と薬用化粧品があります。そのため輸出をする前に成分を確認する必要があるのです。

「安全性の面からクロロホルム、塩化ビニル、ビチオノール、クロロフルオロカーボンプロペラント、ハロゲン化サリチルアニリド、塩化メチレン、ジルコニウム含有複合体の7成分に加え、ウシ(畜牛)由来の原料も配合が禁止されています。

また、ヘキサクロロフェン、水銀化合物、日焼け防止剤の3成分は配合が制限されています。日焼け防止剤の配合制限は医薬品としての規制に抵触する可能性があるためです。」

引用:Jetro

化粧品の現地での輸入手続き

日本など海外から化粧品を輸入する場合、以下のようにさまざまな手続きが必要になります。輸入申告書や通関保証は輸入の商品にかかわらず必要ですが、化粧品を輸入する場合FDAの許可が必要になります。

「輸入業者は自動積荷目録システム(Automated Manifest System: AMS)を通じて輸入申告書(entry notice)と通関保証(entry bond)を米国税関国境警備局(Customs and Border Protection)に提出します。

AMSは、入力された情報を米国食品医薬品局(Food and Drug Administration: FDA)の食品輸入管理システム(Operational and Administrative System for Import Support: OASIS)に自動的に送ります。

FDAはこれらのデータにもとづき、現物検査の必要の有無を決定します。検査が必要な場合、FDAはサンプルを各規定に照らして検査し、問題なければ販売できます。」

引用:Jetro

日本の化粧品輸出動向

日本化粧品連合会が発表した化粧品輸出額は以下の表のようになっています。2014年までは穏やかに増加していたのですが、2015年以降一気に増えているのがわかります。2007年に輸出額総額が1,000億円を超えたのですが、2020年にはもうすぐ7,000億円まで届きそうな数値になっています。

いかに日本の化粧品が海外で認めらえているかわかるのではないでしょうか。

日本の化粧品は海外で大人気であり、多くの海外からの旅行客が日本で化粧品を買って母国に持って帰っています。さらに2015年以降日本から化粧品の輸出が大幅に増え、2019年には総額6,000億円を超えています。

このように化粧品の輸出は大きなビジネスになるのですが、輸入手続きや化粧品の規制などそれぞれの輸入先の国によっても異なります。この記事ではアメリカを輸出先の国として詳しく説明していきます。

化粧品の分類とは

まず輸出入において化粧品とは、実際には化粧品とはよばないシャンプーや洗顔料なども含みます。たとえばシャンプーなどを輸出する場合でも、化粧品と同じ輸出上の注意点があります。

化粧品の規制

それぞれの国に、化粧品の規制がある場合が多いです。例えばアメリカに輸出を考える場合以下のFDAの許可を受けた商品である必要があります。

アメリカの化粧品を記載する機関

FDA(Food and Drug Administration)の略称で、食品、医薬品、化粧品、医療機器の科学的基準を維持する連邦機関です。FDAは、CFSAN(Center for Food Safety and Applied Nutrition)とORA(Office of Regulatory Affairs)を通じて、化粧品の安全性を求めています。Office of Regulatory Affairs (ORA)は、化粧品に関する規制を設定しています。

FDAは、本法を執行する権限を有する唯一の機関です。FDAは、粗悪品や不当表示のあるヘルスケア製品やサービスの販売・マーケティングを防止し、そのような製品やサービスの製造者や輸入者に違反行為に対する民事罰を課す権限を有しています。

FDAには、FDAが医療業界向けの規制を実施するのに役立ついくつかの執行プログラムがあります。また、同機関は、製品やサービスの製造者や輸入者に自主的な協力を要請することもできます。同機関は、ヘルスケア製品・サービスの販売・マーケティングに関する最終規制を発行する責任を負っています

また、FDAは化粧品の表示に関するガイドラインを持っており、これらの製品にはFDAが承認したラベルを表示することを求めています。FDAは、このようなラベルを付けずに化粧品を販売しないことを推奨しています。

化粧品に対するFDAの承認は、その製品が安全で効果的であることが資格のある医師によって示されたときに得られます。販売開始の申請をする前に、製品はFDAの審査を受けなければなりません。

米国食品医薬品局(FDA)の承認を得ることも重要です。FDAの承認を得るためには、FDCAとFPDCAで定められた安全性と有効性の基準を満たす必要があります。これらの基準は、科学文献のレビュー、専門家の意見、およびFDAによる科学的な調査と評価に基づいています。

成分規制

化粧品で気を付けないといけないのは、以下のように成分規制がされているケースも多くあります。特に化粧品は、一般的な化粧品と薬用化粧品があります。そのため輸出をする前に成分を確認する必要があるのです。

「安全性の面からクロロホルム、塩化ビニル、ビチオノール、クロロフルオロカーボンプロペラント、ハロゲン化サリチルアニリド、塩化メチレン、ジルコニウム含有複合体の7成分に加え、ウシ(畜牛)由来の原料も配合が禁止されています。

また、ヘキサクロロフェン、水銀化合物、日焼け防止剤の3成分は配合が制限されています。日焼け防止剤の配合制限は医薬品としての規制に抵触する可能性があるためです。」

引用:Jetro

化粧品の現地での輸入手続き

日本など海外から化粧品を輸入する場合、以下のようにさまざまな手続きが必要になります。輸入申告書や通関保証は輸入の商品にかかわらず必要ですが、化粧品を輸入する場合FDAの許可が必要になります。

「輸入業者は自動積荷目録システム(Automated Manifest System: AMS)を通じて輸入申告書(entry notice)と通関保証(entry bond)を米国税関国境警備局(Customs and Border Protection)に提出します。

AMSは、入力された情報を米国食品医薬品局(Food and Drug Administration: FDA)の食品輸入管理システム(Operational and Administrative System for Import Support: OASIS)に自動的に送ります。

FDAはこれらのデータにもとづき、現物検査の必要の有無を決定します。検査が必要な場合、FDAはサンプルを各規定に照らして検査し、問題なければ販売できます。」

引用:Jetro

日本の化粧品輸出動向

日本化粧品連合会が発表した化粧品輸出額は以下の表のようになっています。2014年までは穏やかに増加していたのですが、2015年以降一気に増えているのがわかります。2007年に輸出額総額が1,000億円を超えたのですが、2020年にはもうすぐ7,000億円まで届きそうな数値になっています。

いかに日本の化粧品が海外で認めらえているかわかるのではないでしょうか。

引用:日本化粧品連合会

化粧品の主な輸出国

化粧品の主な輸出国は、中国が近年圧倒的に増えており、他に香港、韓国、アメリカなどが目立ちます。

引用:日本化粧品連合会

関連記事

コメントは利用できません。