Amazon.comは、世界の電子商取引プラットフォームの中でも特に顕著な地位を占めており、その規模と影響力は他の追随を許しません。

自社サイトとは異なり、Amazon.comやWalmart.comのようなECプラットフォームでは、プラットフォームの財務状況や市場戦略によって運営方針やサービスが変化することがあります。これは、プラットフォーム上で事業を展開する企業や店舗にとって、重要な考慮事項です。

私たちViewECは、この巨大なプラットフォーム上で多くの店舗様の運用を代行しており、Amazon.comのようなECプラットフォームを利用することの重要性を日々実感しています。

そのため、本日は、そのAmazon.comの財務情報を簡単に共有したいと思います。

Source

下記はAmazonのIR情報(英語)からの翻訳となります。

2023年第2四半期において、Amazon.comの財務状況は前年同期比で11%増の売上高1344億ドルを記録しました。この増収は、Amazon Web Services (AWS)や広告事業の強固な成長に支えられ、同社の多角的なビジネスモデルの強みを示しています。

特に、AWSとデジタル広告はAmazonの収益性の高いセグメントとして注目されており、継続的な投資とイノベーションにより、将来的な成長が期待されています。また、第2四半期の収益は、アナリストの期待を上回るEPS(1株あたりの利益)0.65ドルを達成しました。これは、予想されていた0.34ドルを大幅に上回るもので、Amazonの事業運営の効率化及びコスト管理の成果が反映された結果と言えるでしょう。

この四半期の成績は、電子商取引市場におけるAmazonの支配的な地位をさらに強化し、技術とイノベーションを中心とした成長戦略が成功していることを示しています。

https://ir.aboutamazon.com/news-release/news-release-details/2023/Amazon.com-Announces-Second-Quarter-Results/default.aspx

では、ECプラットフォームの方は如何でしょうか?

ネット通販事業のGMV(考察有)

・ネット通販事業(Amazonが販売)売上: 529.7億ドル(YoY+5%)

こちらの考察による係数をかけると

ネット通販事業(Amazonが販売)売上 ≒ GMVネット通販事業(Marketplace)のGMVネット通販事業(Marketplace)売上
為替 145円/ドルと仮定
考察1.Amazon公式BlogとIRから529.7億ドル794.6億ドル11兆5217億円
考察2.Amazon公式BlogとIRから529.7億ドル1123億ドル16兆2835億円