企業のWeb上の顔(=名刺)を『企業サイト』または『コーポレートサイト』と呼びますが、一般的には、『Webサイト』でも十分に理解されます。

日本の文化ですと、企業したらまずはWebサイトを構築し、自社の企業情報、サービス内容、活動内容や、商品紹介を掲載し、また、問合せフォームを搭載して、自社に興味のあるクライアント様からご連絡を待つ事になります。

Webサイトを構築するには、様々な方法がございますが、ViewEC Japanは、下記の通り、WordPressを活用した構築案をお奨めしております。

WordPressとは

現在、世界中にあるインターネットサイトの内、約42%の使用率(ソース W3Techs)を誇る、コンテンツ管理システム(CMS)で有ります。以前はブログやアフィリエイト等で多く見かけましたが、最近は、企業の公式サイトでの利用が増えてきました。

WordPressの特徴として、オープンソースのコンテンツ管理システムであり、GPLv2ライセンスの下でライセンスされています。つまり、利用には費用は全く掛かりません。

また、WordPressは、プログラミングの知識がなくても、誰でも簡単にウェブサイトを作成できるようにするためのツールでもあります。直感的に利用できるUXは、初心者でも使いやすくなっております。

さらに、WordPressは、ブログ、ビジネスウェブサイト、eコマースストア、フォーラム、ソーシャルネットワーク、メンバーシップサイトなど、さまざまな種類のウェブサイトを作成できます。つまり、Web構築するなら、一番のお勧めとなります。

ただ、WordPress自体を改造することは可能ではありますが、セキュリティの観点から、カスタマイズは基本、WordPressのプラグインを利用することをお勧めしております。

構築時のChallenge

WordPressは、自由度が素晴らしい反面、自由すぎてどのように構築すべきか、戸惑うクライアント様は数多くございます。

  • テーマの選択: WordPressには、多数のテーマが用意されています。しかし、どのテーマを選ぶかによって、サイトの外観や機能が大きく異なります
  • プラグインの選択: WordPressには、多数のプラグインが用意されています。機能性を増加するプラグインですが、数多くのプラグインを導入することで、信頼性やセキュリティに悪影響を与えることがあります
  • 利用サーバの選択: スペック、セキュリティ対策、高速化等、専門用語が混じった数多くの選択肢のがある中、どのように選定すべきか
  • 保守・運用費が不明瞭:どこまでを制作会社に依頼し、どこまでを内製で賄うかが不明である
  • 費用面: 一般的なWebサイト構築費が『IT導入補助金』の対象になるほど高額にもなるため、費用面予算面での懸念が高い

ViewECにお任せを

2,500社の企業の海外進出をサポートしてきた、ViewECグループならば、大小、ジャンル問わず、企業様のご要望に合わせて、シンプル且つ効果の高いWeb構築サービスをご提供することが出来ます。

もちろんで、日本語、英語、中国語問わずご対応出来ます。

事例紹介

ご提供プラン

Webサイト構築Simple Plan
30万円/1ヶ月
`すでにコンテンツと画像がある企業様向け
  • 有料テンプレート利用
  • 固定ページ数:5
  • 記事数:10
  • 問い合わせフォーム:1
Webサイト構築Standard Plan
60万円/2ヶ月
大枠なコンテンツとイメージをお持ちの企業様向け
  • 有料テンプレート利用
  • 固定ページ数:10
  • 記事数:20
  • 問い合わせフォーム:1
  • コンテンツ作成:有
  • 画像作成:有
Webサイト構築Advanced Plan
100万円/3ヶ月
サマリしかなく、ほぼ丸投げしたい企業様向け
  • 有料テンプレート利用
  • 固定ページ数:20
  • 記事数:50
  • 問い合わせフォーム:1
  • コンテンツ作成:有
  • 画像作成:有

お問い合わせ

    サイト規約に同意・承諾の上送信します。