台湾の木材をふんだんに使い、家具としてAmazonで販売していたメーカー様は、北米市場のシェア拡大に向けて検討し始めました。

クライアント様の課題

現在、台湾発家具製造メーカー様は、Amazon USAで単価200~250USDの少し高級指向のある小型家具を販売しています(弊社で運用代行中)。この商品は、デザイン性と品質の高さが評価されており、一定の売れ行きがあるため、さらなる販売拡大を図るため、オンラインかオフラインでの販売方法の検討を行っております。

オンラインでの販売拡大は、Walmart、NewEggなどのECサイトへの出店を検討しており、また、Shopifyを使った自社サイトの立ち上げも選択肢の一つとなります。ただ、在庫管理面できちんとした連携が取れることが前提となっておりました。

一方、オフラインでの販売拡大では、家具専門店やインテリアショップへの卸売に加えて、USAでのショッピングモールでの直営店舗の開設も検討しています。直営店舗の開設により、顧客との直接的なコミュニケーションを図り、ブランド認知度や顧客満足度の向上を目指しています。

ViewECからのご提案

台湾の家具製造メーカーとの共同作業を数ヶ月間続けた結果、私たちは米国の倉庫に現在保管されている在庫量と今後の輸出計画を詳細に分析しました。この分析により、現在の在庫量と予定されている輸出量を考慮すると、オフラインの販売戦略に必要な出費をカバーするには不十分であるという結論に至りました。そのため、オフライン市場への進出については、現段階では保留することにしました。

一方で、オンライン市場においては状況が異なります。すでに弊社はAmazon USA店舗の運営代行を行っており、この経験を活かして同じ運用チームを用いてWalmartのオンライン店舗を迅速に立ち上げる計画です。Walmart店舗の開設後、さらにNewEggなど他の電子商取引サイトへの拡大も検討しています。この戦略により、オンライン市場における台湾発家具製造メーカー様のプレゼンスを強化し、より多くの顧客にリーチすることが可能と思われます。