楽天市場で5年以上にわたり店舗運営を経験してきたスポーツ用品小売様は、ビジネスの成長を目指し、販売チャネルをさらに拡大することを決定しました。この一環として、自社ブランドと直接的な顧客関係を構築するために、自社のECサイトの開設を決意しました。楽天市場での長年の運営経験を活かし、独自のオンラインプレゼンスを築くことで、顧客体験を向上させ、ブランドの認知度を高めることが狙いです。

一方で、Amazonでの販売に関しては、いくつかの懸念があります。特に、Amazonの手数料が比較的高いことが大きな問題点となっています。また、Amazonのフルフィルメント・バイ・アマゾン(FBA)サービスを利用しない場合、プラットフォーム上での競争上の不利が避けられないという理由から、Amazonでの販売は見送ることに決定しました。FBAは、在庫管理や出荷プロセスをアマゾンに委託するサービスですが、これには追加のコストが伴います。このため、費用対効果の面から考慮し、自社ECサイトに焦点を当てる戦略を選択したのです。

クライアント様の課題

自社のECサイトを立ち上げる際、楽天市場での店舗運営経験とは異なる多くの課題に直面することになります。これらの課題は、新しいオンラインプレゼンスを構築し、管理する上での重要な考慮事項となります。

1.メンテナンスしやすいプラットフォームの選定: 自社ECサイトでは、定期的なメンテナンスが容易で、柔軟にカスタマイズ可能なプラットフォームを選ぶことが必要です。これには、サイトのデザイン、機能のアップデート、セキュリティ強化などが含まれます

2.購入プロセスの最適化: 顧客が製品を簡単かつ迅速に購入できるように、購入までのステップをできるだけ短くする必要があります。これは、カートへの追加からチェックアウトまでのプロセスを簡素化することで達成できます

3.多様な決済手段の提供: 顧客が好みの決済方法を選べるように、複数の支払いオプションを提供することが重要です。これには、クレジットカード、電子マネー、代金引換、オンラインバンキングなどが含まれます

4.支払いタームの短縮: 顧客のお支払い金額が手元に素早く戻れるのは、キャッシュフローの運用上重要でありました。楽天市場では、一ヶ月に2回でしたが、可能ならもっと短く欲しいとの希望が有りました

さらに、既存の楽天市場での商品点数が500点を超えているため、新しいECサイトでの商品の登録やカタログの構築には相当な労力とコストがかかります。これは、製品の詳細、画像、説明の入力や更新作業に関連しています。また、これまでの制作会社とのやり取りから、新しいECサイトの構築費用が高くなる傾向があることも把握しています。これには、カスタマイズされたデザインの開発、プラットフォームの選定、機能の統合、テスト、ローンチに関連する費用が含まれます。また、長期的なサイトの運営とメンテナンスにもコストがかかることを考慮する必要があります。

ViewECのご提案

当社が代理店を務めるMakeshopとShopifyの2つのeコマースプラットフォームを比較検討した結果、いくつかの要素で両者がほぼ同等であることがわかりました。しかし、以下の点においてShopifyの構築プランが優れていると判断し、最終的にShopifyを選択することに決定しました。

1.機能とカスタマイズ性の高さ: Shopifyはその柔軟性において特に印象的でした。幅広いカスタマイズオプションが利用可能で、多数のテーマ、アプリ、プラグインを通じて、様々なビジネスニーズに合わせたカスタマイズが可能です。これにより、特定のビジネスモデルやブランドイメージに合わせたユニークなオンラインストアを作成することができます
2.使用の容易さ: Shopifyのインターフェースは非常に直感的で、社内のスタッフでも容易に理解し、操作することができると感じました。これは、サイトのメンテナンスや更新を社内で行う際の手間を軽減し、効率的なウェブサイト管理を可能にします
3.国際展開に向けたテンプレートの利用: Shopifyの提供するテンプレートは、特に海外市場での使用に適していることが魅力的でした。一ページ構成のページデザインは、国際的なトレンドに則っており、将来的な海外進出を考慮する際に非常に有利です。これにより、国境を越えたビジネス展開をスムーズに行う基盤を築くことができます。