台湾でも長い間親しまれてきたタピオカミルクティーと、調味料やお菓子の海外輸出が本格化し、単なるオンライン販売だけでなく、さらに約二週間の期間限定のポップアップストアも設けることが決定いたしました。これにより売上の向上だけでなく、ブランドと商品の知名度向上を目指しています。

目次

クライアント様の課題

加工食品の海外進出と海外でのポップアップストア出店には、さまざまな課題が存在します。以下にそのいくつかを挙げてみます。これらの課題に対処するためには、事前の緻密な市場調査、地域に応じた戦略の検討、地元パートナーシップの構築などが重要です。

  1. 規制と法令の遵守: 各国には異なる規制や法令があります。原材料、ラベリング、包装、販売許可など、地域ごとの異なる規制に対応する必要があります。
  2. 文化的適応: 食文化や好みは国によって異なります。商品や販売手法を現地の文化に合わせ、受け入れられるようにする必要があります。
  3. 物流と供給チェーン: 商品の輸送や保管において、異なる国や地域での物流の課題が発生する可能性があります。供給チェーンの確立や効率化が必要です。
  4. 競合と市場調査: 現地での競合や市場動向を正確に把握する必要があります。また、ターゲット市場に適した価格戦略や販売手法を検討する必要があります。
  5. 言語とコミュニケーション: 異なる言語や文化を考慮した効果的なコミュニケーションが求められます。商品情報やプロモーションの翻訳や適切な広告戦略が必要です。
  6. 消費者の嗜好: 商品の味や見た目、包装などは地域によって異なります。地元の消費者の好みに合わせた製品開発が必要です。
  7. 為替リスクと経済状況: 為替の変動や異なる国の経済状況によるリスクが存在します。これらを考慮したリスクマネジメントが必要です。

ViewECからのご提案

  1. 規制と法令の遵守:
    • 現地の法令を確認し、遵守するために法務アドバイザーを雇う。
    • 地域ごとに適合するラベリングや包装に調整する。
  2. 文化的適応:
    • 地元の嗜好や文化を調査し、商品やサービスを適応させる。
    • 地元の人々と協力して、地元文化へのリスペクトを示す。
  3. 物流と供給チェーン:
    • 地元の物流パートナーを選定し、効果的な供給チェーンを確立する。
    • 在庫管理や輸送効率の向上を目指す。
  4. 競合と市場調査:
    • 継続的な市場調査を行い、競合他社の動向を把握する。
    • 地元のニーズに合わせた製品やサービスを提供する。
  5. 言語とコミュニケーション:
    • プロの翻訳者を利用し、正確で適切なコミュニケーションを確保する。
    • 地元のSNSやメディアを活用して、ターゲット層にアプローチする。
  6. 消費者の嗜好:
    • 地元の消費者と協力して製品の改善を図る。
    • テストマーケティングを行い、消費者のフィードバックを収集する。
  7. 為替リスクと経済状況:
    • 為替ヘッジを活用して為替リスクを最小化する。
    • 複数の市場に分散して事業リスクを分散する。

これらの解決方法は状況によって異なりますが、柔軟性と地域に対する理解が重要です。地元のパートナーシップや専門家のコンサルティングを活用して、地域ごとの課題に対処することが成功の鍵となります。

結果

東京都心のデパートで二週間にわたるポップアップストアが実施されました。販売商品は合計24アイテムで、これにより14個異なるブランドが出店しました。売上はオンライン販売も含め、設定されたKPIに非常に満足のいく形で到達し、期待を上回る成果を上げました。