過去、台湾においては地元の住民だけでなく、日本人観光客にも非常に人気のある食品ブランドを、最初に日本に進出させることを決定しました。商品の輸入や予算なども十分に考慮しており、その結果、百貨店でのポップアップストアが実現することとなりました。この取り組みは、地元市場と国際市場の両方に焦点を当て、戦略的に展開していく一環として計画されました。

目次

クライアント様の課題

冷蔵品を販売する食品ブランドであるため、海外でポップアップストアに出店する際には、発生する可能性のある課題は少なくありません。課題を克服するためには、事前の市場調査や十分な計画が重要です。地元のパートナーシップの構築や現地の専門家の協力も、成功に向けて役立つ要素となります。

  1. 冷蔵庫や保冷設備の確保と運搬: 冷蔵品を販売する際には、適切な冷蔵庫や保冷設備を確保する必要があります。これらの設備の手配や運搬には追加のコストや手間がかかります。
  2. 輸送と物流の調整: 冷蔵品は一定の温度管理が必要です。そのため、適切な輸送手段や物流システムを確保し、商品が安全に到着するように調整する必要があります。
  3. 現地の規制や法令の遵守: 各国には冷蔵品の取り扱いに関する厳格な規制や法令が存在します。これらを遵守することは不可欠であり、商品を販売する前に現地の法的要件を確認する必要があります。
  4. 商品の鮮度維持: 冷蔵品の鮮度を維持することは重要です。出店期間中や輸送中に商品の品質が損なわれないように、適切な管理方法や補充計画を策定する必要があります。
  5. 価格設定と競争: 冷蔵品の取り扱いには高い運営コストがかかるため、適切な価格設定が求められます。同時に、競合他社や現地の食品ブランドとの競争にも対応する必要があります。
  6. 顧客の文化的な好みへの対応: 冷蔵品の種類や味付けは地域ごとに異なることがあります。地元の顧客の文化や好みに合わせた商品展開やマーケティングが求められます。

ViewECからのご提案

  1. 冷蔵庫や保冷設備の効率的な管理:
    • 現地の信頼性の高いサプライヤーと協力し、必要な冷蔵庫や保冷設備を効率的に手配する。また、遠隔モニタリングシステムを導入してリアルタイムで温度を管理し、問題が発生した場合に即座に対応する。
  2. 輸送と物流の最適化:
    • 冷蔵品の輸送に適した輸送手段や冷凍車を利用し、物流プロセスを最適化する。現地の物流パートナーと連携し、迅速かつ安全な輸送を確保する。
  3. 現地の法令と規制への適合:
    • 現地の法令や規制を事前に確認し、適切な許認可を取得する。地元の法務アドバイザーを採用して法的な側面を専門的に対応し、問題が生じないようにする。
  4. 鮮度維持と在庫管理:
    • ロジスティクス計画において適切な在庫レベルを保ち、商品の鮮度を確保する。POS(Point of Sale)データを活用して需要予測を行い、適切な補充サイクルを確立する。
  5. 適切な価格戦略の導入:
    • 地域の市場調査を実施し、競合他社の価格水準と比較して適切な価格戦略を導入する。価格競争力を維持しつつ、品質とサービスに焦点を当てる。
  6. 地元文化への適応とマーケティング:
    • 地元の消費者の好みや文化的な嗜好に合わせた商品展開とマーケティング戦略を構築する。現地の広告やプロモーションを活用し、消費者とのコミュニケーションを強化する。

これらの提案を実行することで、冷蔵品を扱う食品ブランドが海外でポップアップストアに出店する際の課題に対処し、成功を収めることが期待されます。

結果

東京都内の百貨店で二週間にわたる出店が実施されました。販売する商品は総計14種類あり、その中で3種類が冷蔵品となります。集客のため、試食は積極的に行いました。売上は、設定されたKPIに非常に満足いく形で達成し、期待を上回る結果を達成しました。