これまで、台湾を拠点とするアマゾン運用代行企業様は、日本市場への参入戦略として、楽天市場やAmazonなどの越境ECを活用したB2C販売を主軸に展開してまいりました。

この戦略は、台湾市場で培った商品開発力やマーケティング力を活かし、日本市場の消費者に直接アプローチできるという点で、非常に有効でした。また、初期投資や運営コストが比較的抑えられるという利点も、アマゾン運用代行企業様にとって魅力的でありました。

今後は、これらの販路拡大の中で、アマゾンをはじめとするECプラットフォームを活かした運用代行企業との連携を検討しております。これにより、更なる市場拡大と日本国内でのブランド認知を高めるための施策を展開してまいります。

目次

クライアント様の課題

アマゾン運用代行企業が直面する可能性のある課題はさまざまです。以下は、一般的な課題のいくつかですが、具体的な状況や企業の規模によって異なる可能性があります。

  1. 競争激化と差別化の難しさ:
    • アマゾン運用代行市場は競争が激しく、同業他社との差別化が難しい場合があります。企業が提供するサービスや特徴を明確に伝え、差別化することが求められます。
  2. クライアントの信頼獲得:
    • 新規クライアントは運用代行企業に自社の販売戦略を託すわけですから、信頼性が重要です。特に初回の取引では、クライアントに対して信頼を築くことが課題となります。
  3. 実績と成功事例の不足:
    • 新規の運用代行企業は実績や成功事例が少ないことがあります。これがあると、クライアントの選定において不利になる可能性があります。
  4. 効果的な営業戦略の構築:
    • 適切で効果的な営業戦略の構築が難しいことがあります。ターゲットクライアントの特定やアプローチ方法の最適化が求められます。
  5. 市場の変化への対応:
    • アマゾン市場やデジタル広告の環境は変化しやすいため、それに迅速に対応できるフレキシビリティが求められます。
  6. 価格競争と契約条件の交渉:
    • クライアントのニーズに合った価格設定や契約条件を提示し、同時に競合他社との価格競争に勝つことが難しい場合があります。

これらの課題に対処するためには、独自性を強調した差別化戦略の構築や、信頼性を裏付けるための事例や実績の積み重ねが必要です。また、市場の変化に対応できる柔軟性と、効果的な営業戦略を進化させる能力が求められます。

ViewECからのご提案

アマゾン運用代行企業が直面する課題に対処するための提案は以下の通りです。これらの提案を実行することで、アマゾン運用代行企業はより効果的に課題に対処し、ビジネスの成長を促進することが期待できます。

  1. 展示会への出展の最適化:
    • 展示会に参加する際には、効果的なブースの配置やデザイン、魅力的なプレゼンテーション資料の用意などを行い、来場者の目を引くような展示を心がけます。また、来場者との積極的な交流やネットワーキングも重要です。
  2. デモンストレーションの実施:
    • アマゾン運用代行のサービスや成功事例を具体的にデモンストレーションすることで、クライアントにサービスの利点や効果を直感的に理解させることができます。デモンストレーションは興味を引く手法の一つです。
  3. 専門家によるセミナーの開催:
    • 展示会の際には、アマゾン運用に関する専門家によるセミナーやワークショップを開催することで、来場者に価値ある情報を提供し、自社の専門知識をアピールします。
  4. 事前の展示会プロモーション:
    • 展示会前には、ソーシャルメディアやメールマーケティングを活用して、出展の告知や特別なプロモーションを行います。これにより、来場者を引きつけ、事前に興味を持ってもらうことが期待できます。
  5. フォローアップ戦略の構築:
    • 展示会後は、来場者とのコンタクトを維持するためのフォローアップ戦略を構築します。パーソナライズされたフォローアップメールや電話などで、クライアントとのコミュニケーションを継続し、契約に結び付けることが重要です。

これらの提案を実行することで、展示会が新規案件獲得の強力な手段となり、クライアントとの信頼構築に寄与するでしょう。展示会を総合的なマーケティング戦略の一環と位置付け、効果的に活用することが重要です。

結果

・展示会への出展 x 2回
・お問合せの獲得 x 100企業 (うち、2回目は1回目の2倍の数量)
・案件の成約 x 10企業

という結果に落ち着きました。

これにより、クライアントのブランドやサービスへの注目度が増し、クライアントからの信頼を獲得できたことを嬉しく思います。

これらの新規お問合せの中から、成約に至ったのは10企業です。新たなパートナーシップの構築が順調に進んでおり、これからもお互いに成果を上げられることを期待しています。

さらに、喜ばしいことに、公式サイトへのお問い合わせ数も増加しています。案件の獲得だけでなく、ウェブサイトを通じてのアクセスも着実に伸びており、クライアントのビジネスへの興味が高まっていることを感じております。